不動産査定下へダウン
ホーム > 交際クラブ > 交際クラブ・プリティーウーマン物語

交際クラブ・プリティーウーマン物語

プリティーウーマン物語ってご存知ですか。かなり昔の映画ですよ。あんまり昔っぽさも感じない。今年25周年を迎えたようでやたらプリティーウーマンの話題を聞くのです。映画の主人公の男女が本当に恋に落ちたニュースがやってました。プリティーウーマン物語は巷でも昔からある現実の世界なのです。このヒロインになれるのは容姿端麗な女性のみです。リアルにいたら実際は嫌われてしまうんじゃないと。なんて感じの主人公なんですがめっちゃくちゃ可愛いんですね。まさにプリティーですよ。あんな風な恋愛したいって思った人が当時は沢山いたのではないでしょうか。あの頃ってまだバブルとかの時代なんでしょう。今の日本の景気じゃありえないようなドラマティックさに今更ながら憧れてしまいます。実はこのお話って最初はめっちゃくちゃ暗いシナリオだったようです。ヒロインのビビアン・ワード(ジュリア・ロバーツ)と相手役のエドワード・ルイス(リチャード・ギア)って結ばれない予定だったんだそうです。エドワードが帰っていったあと、ビビアンは元の生活に戻る。エドワードからもらった大量の契約金をパーっと使って一週間の夢のような生活とさよならするそんなラストだったそうです。このラストだったら今でも語られるような映画として残らなかったんじゃないかと思います。赤いバラをもって現れたあのラストがあったからこそ、この映画は最高なんだと思います。日本人はバットエンドが好きな人が多いらしく、比較的映画のラストなどをバッドエンドで作る傾向にあるなんて言われてるんですが、私はハッピーエンドの方が好きですね。

やっぱり現実でも映画の世界でもハッピーエンドに越したことはないです。

そのような結末を迎えたいのであれば会員制の交際クラブに登録する事をおすすめします。交際クラブでの女性と男性はすべてのカップルがこのマイ・プリティーウーマン物語をデートの中でやっているからです。お金を溜めて自分の夢を叶えるなんて素晴しい事です。あなたも交際クラブで日本版プリティーウーマン物語をやってみましょう。