不動産査定下へダウン
ホーム > キャッシング > ボーナス時のまとまった金額の返済を積み重ねていく

ボーナス時のまとまった金額の返済を積み重ねていく

私がお金に困ったのは会社で昇格したときです。

 

給料はあまり上がらず部下が増え、飲み代を払ったりしていた結果、手持ちの給料では足りなくなってきました。

 

そのとき、クレジットカードを持っていたことを思い出しました。

 

リボ払いのキャッシングが使えるんです。

 

本当に助かりました。

 

手取りの倍以上の額が借りられる上、ATM感覚でお金をおろす(借りる)ことができますし、人に気づかれることもなく、分割返済していけば良いのですから気楽です。

 

毎月の出費を抑えられると思った私は、すぐにキャッシングの上限に達してしまって、あわててボーナスは全額返済にあてることにしました。

 

スピード審査が売りのカードローンでも審査はあって、なかでも在籍確認はもっとも確実な本人確認の手段であり、省かれることはありません。

 

もっとも、最近はプライバシーを尊重して、一定の条件のもとで勤務先への電話連絡をしないでくれる会社もあるようです。

 

大手のなかでもプロミスやモビットといった銀行系の金融業者では、特定の銀行に口座を持っていたり、会社名の記載された保険証や給与明細などを提出することで、勤務先への在籍確認の電話の代わりにすることができます。

 

用意できない場合はほかにどの書類で代用できるのかも教えてくれますから、わからないことはどんどん問合せすると安心ですね。

 

また、一般的には「在籍確認あり」のほうが高額融資可能なので、必要に応じて電話のかけかたを工夫してもらうのもいいでしょう。

 

キャッシング会社は多数あることもあり、借りづらいキャッシングと気軽に借りられるキャッシングが存在します。

 

どっちみち借りるなら借りやすい方を選ぼうと思いますよね。

 

どういった所が手軽に借りられるかといわれると全てをひっくるめては言えません。

 

最近では大手の銀行のカードローンでさえも借りやすくなっているのです。

 

キャッシング審査にNGが出たとき、審査が通れない利用できない理由が存在するのです。

 

収入が必要な額に届かなかったり、借り入れが多すぎたりという理由がある人の場合には、断られることが多いでしょう。

 

十分に利用できるように条件をクリアすることが必要です。

 

それほど使いすぎたつもりもないのに、クレジットカードの利用明細を見てその金額にびっくりしてしまいました。

 

引き落とし日に入金するお金に困った挙句、たまたまコマーシャルでやっていたキャッシングを利用して借りたお金を入れましたが、もうこれ以上はどうにもならないところまで追い詰められてしまいました。

 

このままでは会社にまで知られ、問題になりかねないと退職まで頭をよぎりましたが、心配した両親が手を差し伸べてくれ、退職せずに済みました。

 

最終的には、利息なども合わせて5百万円にもなっており、両親には本当に申し訳なく思いますが、貯えていたお金をほとんど使わせてしまうことになりました。

 

きちんとした借用書を作成して、確実に返していくことを両親に約束し、毎月可能な金額と、ボーナス時のまとまった金額の返済を積み重ねていくことで、普段の生活を送りながらでも完済できると思います。

リボ払い 借金地獄